ひとつは皮膚科による手術で手術が必要で手掌多汗症をコントロールするという手法です。

実際に手汗が改善される効果は期待できますが手術なのでかかる費用も高くなってしまいます。

熱くなってくると ジトジトした手汗に思う悩む人も たくさん居るのではないでしょうか。

私の多汗症はビショビショになるほどの 激しい手汗です。

手紙を書いたり料理を作ったりといった 普段の生活に不便を感じたり 周囲の人とのスキンシップを図る時の 邪魔になったりと、 手掌多汗症の辛さは自分にしかわからない 悩ましさがあるものです。市販されている手掌多汗症対策の制汗剤は何種類かあります。

手汗を改善する方法は大きく分けてふたつあります。ひとつはメンタル的な部分を整えて手掌多汗症をコントコールするというものです。栄養バランスを考えた食事をするなど生活習慣を整えたり、深呼吸などによってストレスに慣れて手のひらの汗をコントロールしようとする方法です。

もう一つは手術やお薬によって強制的に手掌多汗症をコントロールしようとする方法です。

薬を飲むことで手掌多汗症を軽減させる商品もあります。飲むと脇や額などの汗も軽減することができその効果は手汗の改善にも及びます。

いつでも服用でき対策できるところが錠剤のタイプのお薬の良いところです。

手汗は症状を抱えて苦労してきた当人にしか分かりにくい種類の悩みです。

症状がない人から見ればしょうもない事だと一蹴するのでしょうが苦しんでいる当人からすれば人を嫌いになるほど悩ましいものです。

近頃は皮膚科にまで通わなくても手軽に自分でできる制汗剤がいくつか発売されていますので色々と実験してみて自分の手汗が改善される制汗剤を見つけてみると良いのではないでしょうか。一番有名なものは塩化アルミニウムをたくさん含まれている手汗のお薬です。ものによって塩化アルミニウムの強さが違って高濃度なものほど高い効果を期待できますが手肌が繊細な方は手荒れしてしまう可能性が高くなります。市販されている制汗剤では塩化アルミニウムの濃度が10%から20%程度のものまで販売されています。

3つめの手段は塩化アルミニウムという成分を主成分とした塗り薬で手汗を治療するという方法です。

塩アルの薬は手のひらの汗腺を塞ぐことで発汗を抑える効果を得られます。

皮膚科でも手に入れることはできますがネットなどで売っている制汗剤も購入することができるので通院しなくても手軽に手汗の改善を図れるところが魅力です。クリームを塗り広げるタイプの手掌多汗症の薬も3種類ほど売られています。

ハンドクリームタイプの制汗剤のメリットは気づいた時に手軽に手のひらに塗り込むことができることです。

さらに、手荒れを起こしにくいお薬が多く、手荒れしやすいお子さんや女の方にとっては心強い手汗対策のお薬です。2つ目は手のひらにボトックス注射という注射をして手掌多汗症を止める方法です。

この方法は半年程度効果が持続し、抑える方法です。

発汗が改善するとされています。

手術と同じように病院で処置をしてもらう必要があり、半年で効果はきれてしまいますが一回にうん万円かかるので余程のお金持ちでも無い限り気軽に踏み切ることはできません。