手汗は症状を抱えて苦労してきた当人にしか分かりにくい種類の悩みです。症状がない人から見ればしょうもない事だと一蹴するのでしょうが悩んでいる本人からすれば深いトラウマを抱いてしまうほど悩ましいものです。今は皮膚科で処方してもらわなくても手軽に自分でできる制汗剤が数多く売られていますので色々と実験してみて自分の手汗が改善される制汗剤を見つけてみると良いのではないでしょうか。

梅雨の時期がくると 常に塗れている手のひらに嫌気がさしている人も 多いでしょう。 私のてのひらは生活に支障をきたすほどの スゴイ手汗です。 ボーリングの画面が反応しなかったりといった 生活に悪影響を及ぼしたり ボーリングをしてハイタッチをする時の 心の枷になったりと、 手掌多汗症にはなってみないとわからない 悲しく辛い感情が伴うのです。錠剤を飲むことによって手汗を軽減させる商品もあります。

服用すると手汗以外の汗も和らげることができその効果は手汗の改善にも及びます。

いつでも服用でき対策できるところが錠剤のタイプのお薬のメリットです。

ひとつは皮膚科で交感神経を遮断して手掌多汗症をコントロールするという手段です。もちろん効果は期待できますが手術なのでかかる費用も大きくなってしまいます。ふたつめは手のひらにボトックス注射という処置を行い手掌多汗症を改善させる方法です。

この方法はおおよそ半年くらい効いて手のひらからの発汗が改善するとされています。

ボトックス注射も皮膚科で対応してもらう必要があり、一度の治療でかかる費用は数万円かかるのでなかなか簡単に処置してもらうことはできません。

3つ目の手段は塩化アルミニウムを中心とした薬品でしつこい手汗を改善させるという方法です。

この塗布薬は掌の汗腺を塞ぐことで手掌多汗症を改善する効果を得られます。

皮膚科でも処方してもらうこともできますがネットなどで売っている制汗剤もいくつかあるため、病院までいかなくても個人的に手汗対策を行えることが良いところです。

手掌多汗症を改善する方法は大きく分別するとふたつの方法があります。ひとつめは精神的な部分を鍛えて手掌多汗症をコントコールするというものです。きちんと決まった時間に睡眠をとるなど生活習慣を整えたり、緊張する場面の場数を踏むなどして緊張しないようにして手の汗を改善しようとするものです。

もう一つは専用のお薬や病院での処置によって無理矢理手汗を抑える方法です。クリームを塗り広げるタイプの手掌多汗症専用の制汗剤も3種類ほど売られています。化粧品のハンドクリームのような制汗剤のメリットは気づいた時に手軽に手のひらに塗り込むことができることです。

さらに、手に優しい制汗剤が多く、肌の荒れやすい女性の方にとっては心強い手汗のお薬です。

インターネットで購入できる手汗対策の制汗剤はいくつか種類があります。

一番有名なものは塩化アルミニウムを高濃度で配合した手汗の制汗剤です。薬によって塩化アルミニウムの配合量が異なり、高濃度なものほど制汗作用が期待できますが肌の弱い方は痒みや痛みを感じる可能性が高くなります。病院に行かなくても手に入るアイテムでは塩化アルミニウムの濃度が10%から20%程度のものまで売られています。