3つ目の手段は塩化アルミニウムを主成分としたお薬で手汗を改善させるという方法です。

塩化アルミニウムのお薬は掌の汗腺を覆い、発汗を抑える効果を期待できます。

皮膚科でも手に入りますが通販などで売っている制汗剤もいくつかあるため、皮膚科まで行かなくても個人的に手汗対策を図れるところが良いところです。

手掌多汗症を改善する方法は大きく分別すると2種類あります。

自律神経を刺激しないようにして手汗を改善させるというものです。

食べ物や寝る時間など生活習慣を整えたり、深呼吸などによって緊張しないようにして手のひらの汗を抑えようとするものです。別の方は病院での手術や制汗剤によって強制的に手掌多汗症を抑える方法です。化粧品のハンドクリームのような手汗専用の制汗剤もいくつか売られています。

クリームを塗り広げるタイプの制汗剤のメリットは出勤前やトイレの後などに手のひらに塗り込むことができることです。

また、手荒れを起こしにくいお薬が多く、手肌の弱い女性にとっては心強い手汗のお薬です。

病院に行かなくても手に入る手汗対策のアイテムはいくつか種類があります。

錠剤を飲むことによって手掌多汗症を和らげるお薬もあります。飲むと身体全体の汗を改善することができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。いつでもパパっと飲めるところが服用するタイプの薬の良いところです。

ひとつめは病院で脇の下にある交感神経を止めて手汗をコントローするという交感神経を遮断して手掌多汗症が改善される効果は大きいのですが手術代も高くなってしまいます。

ふたつめは手にボトックス注射という処置を行い手掌多汗症を手汗をこの方法は半年程度効果が持続し、手の発汗を抑えられるとされています。

交感神経を遮る手術と同様に皮膚科で対応してもらう必要があり、一回の注射の料金はそこそこの金額がかかるので余程のお金持ちでも無い限り気軽に処置してもらうことはできません。

有名どころは塩化アルミニウムをたくさん含まれている手汗の制汗剤です。

薬によって塩化アルミニウムの濃さが違っていて、塩化アルミニウムの濃度が高い制汗剤ほど手汗を改善することができますが肌の弱い方は痒みや痛みを感じる可能性が高くなります。病院に行かなくても手に入るアイテムでは塩化アルミニウムの濃度が様々なものが売られています。夏が近づいてくると びちょびちょの手のひらに苦労する人も 多いこととの思います。

私の手は周りも引くほどの汗をかく とっても凄い手掌多汗症なのです。 スマホが反応しなかったりといった 日常に影響を及ぼしたり カラオケのマイクを回す時の 恥ずかしさになったりと、 手汗には当事者にしかわからない ツライ思いがあるのです。

手掌多汗症は症状のない人には悩みの深さがわかりません。症状がない人から見ればくだらない悩みだと思われるかもしれませんが悩んでいる本人からすれば深いトラウマを抱いてしまうほど悩ましいものです。

今は皮膚科で処方してもらわなくてもこういった手軽に購入できる商品がたくさん発売されていますので、テストしてみて相性の良いものを見つけると良いのではないかと思います。